西東京市田無の歯医者ならニイヤマ歯科|田無駅・花小金井駅利用

0424658666

受付
時間

平  日

10:00~13:00 / 14:30~19:00

土  曜

17:00まで

休診日

水曜、日曜、祝日

一般歯科

どうしてむし歯ができるの?

毎日歯を磨いていても、“むし歯が出来る人”と“むし歯が出来にくい人”がいるのはなぜでしょう。実はこの違いは、人が生まれてから3歳になるまでの間に決まってしまうのです。むし歯を引き起こすのは、ミュータンス菌と呼ばれる細菌。このミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口のなかには存在しません。

しかし、母親を中心とした身の回りの大人からご飯をもらうときに、同じスプーンやお箸を使うなどして、大人の口の中にいるミュータンス菌が感染してしまうのです。ミュータンス菌は、歯に付いた、食べかすや、糖分を食べて、歯を溶かす“酸”を出します。このミュータンス菌を放っておくと、バイオフィルムという膜を作り、歯にべったり付いて歯磨きをしてもはがれなくなってしまうのです。

こうしてミュータンス菌の膜によって歯が溶かされた状態が“むし歯”で、“う蝕”とも呼ばれます。むし歯を予防するためには、こうしたむし歯のしくみを理解することも大切です。自分の為にも、お子さんの為にも、むし歯のリスクを知って上手に予防をしていきましょう。

むし歯の進行

むし歯はほかの病気と違って、原因を取り除いても、自然に治ることはありません。軽度のむし歯は詰め物をすることによって比較的簡単に治療をすることができますが、重度まで進行すると、全身の健康にまで危険が及ぶ可能性もあるのです。むし歯は、進行度合いによって下の図のようなC1~C4に分類されています。

  • 初期(C1)

    初期(C1)

    • 痛みはない
    • 表面のつやがなくなる
    • 薄い茶褐色になることも
  • 中期(C2)

    中期(C2)

    • 穴があく
    • 冷たいものや甘いものがしみる
    • 茶褐色に変色
  • 後期(C3)

    後期(C3)

    • 歯の神経まで進行した状態
    • ズキズキとした痛み
  • 末期(C4)

    末期(C4)

    • 歯冠がほとんどなくなり、歯根だけが残っている
    • 神経は死に、痛みはない

C3・C4の段階になると、歯根の先に炎症が起こり、膿がたまります。もしもこの膿の中の細菌や毒素が血液などに感染し、血管を通って全身に運ばれてしまうと、関節炎やリュウマチ性疾患、腎炎、心臓病、血液疾患、皮膚病などの病気を引き起こしてしまうこともあります。最悪の場合、敗血症を併発して死亡することもあります。

たかがむし歯1本と侮ってはいけません。むし歯になっても早めに適切な治療を受け、早期発見、早期治療を心がけてください。毎日の正しいブラッシングで歯垢を取り除き、セルフケアではとれない部分は歯科医院で取り除きます。あとはあなたが、毎日の生活の中でこれら4つのリスクを減らす努力をしていけば、むし歯の引き金が絶たれ、良い結果に結びつくでしょう。

むし歯ができる原因を知り、予防を心がけることが大切です。あなたの少しの努力でいつまでも健康な歯を守ることができます。